アパート経営ではどのようなリスクの可能性があり、そのリスクに向けてどういった対策があるかを考えることが重要となる

アパート経営は、家賃収入を得て、のんびりできるようなイメージがあります。確かに不動産業者が一括借り上げをしたり、管理業者へ委託をすれば、自分で何かをするということは、ほとんどありません。それでいて、収入も得られたりしますから、はじめてみたいというのも当たり前の心理でしょう。

アパート経営ではどのようなリスクの可能性があり、そのリスクに向けてどういった対策があるかを考えることが重要となる

■アパート経営のリスクとは
とはいっても、メリットが大きい分、リスクも大きいとも言えます。土地や建物を利用するわけですから、お金もかなり高額かかります。もし、失敗をしてしまうと、かなり大変なことになると言えます。そうならないためにも、まずはリスクを知っておきましょう。

規準★アパート経営のリスク http://www.kenyonpowerboats.com/

まずは、入居者が入らないというリスクです。入居者が入らなければ、それだけ空き部屋となり、家賃収入は入ってきません。その結果、建設時に借り入れしたローンが払えなくなり、経営が続けられなくなるかもしれません。もともとが、アパート経営に向いていない場所だったり、建物が実は向いていなかったなど原因も様々なことで、このリスクは高まってしまいます。

次は、火災や地震などのリスクです。アパートの場合でも火災対策や地震対策をしなければなりません。それを怠ったときに、万が一起こると、賠償責任となります。自然災害だから仕方ないというわけにもいきません。万が一の時の賠償のリスクが常にあるのです。

次にローン返済ができなくなるリスクです。入居者が入らないというのも原因ですが、金利の変動により、返済額が上がってしまい、払いきれないというリスクもあります。

■最後に
また長年経営したときの老朽化のリスクもあります。ローン返済することで、経費がかさみ、経営を圧迫するのです。これらのリスクを知っておき、対策を考えておかないと、経営をするのは難しいかもしれません。

◆リスク回避をしながら、経営をしていこう
アパート経営で安定させるためには、いかにリスクを抑えるか、解決するかも重要です。本来は不動産業者と相談した頃から、すでに、リスクについてもしっておき、計画に反映させていくことが必要なのです。もしも、リスク対策を計画しないようならば、そこは避けた方がよいでしょう。

■リスク回避を意識しておく
アパート経営をするためには、どの段階でもリスク回避を意識しておきましょう。まずは、不動産業者の選定でもリスクはあるので、いかに優良なところを選ぶかが鍵となります。また、アパート建設前に様々なことで、計画を立てますがその計画では資金作りにおいても、元となる収支計画でも金利上昇や入居者の減少もあらかじめ考えてから、計画を作っていきましょう。

また、工事についてもトラブルはあります。あるケースだと、納期が遅れたからと、工事業者と揉めて、工事差止めとなったなんてこともあります。出来映えが違っているケースもあり、思うように進まないかもしれないというリスクもあります。こまめに現地をチェックしておく、不動産業者とやりとりをして状況を確認しておくといったことが、リスク回避へとなります。

あと、いよいよアパート経営ですが、事前に立地条件や入居者の条件、また家賃設定など、不動産業者とよく相談しておくことが必要です。また管理についても、リスク回避を意識して、はじめから専門の管理業者にまかせるなども検討しておきましょう。

■最後に
リスク回避も、その都度その都度で行えるものが変わってきます。リスク回避を意識せずに、不動産業者や建設会社などに全て任せっきりというのは危ないです。よく相談をしながら進めていくのが、より効率的なリスク回避となっていくでしょう。