アパート経営を始める前に知っておきたいトータルのコストって大体どれくらい?

スマホを操作する男性

アパート経営に関心を寄せる人は、こらからも増えていきそうな気配です。土地の有効活用でもありますし、また私的年金としての期待も高まっています。

これから先も、ますます関心は高まる一方でしょう。

■アパート経営にかかる費用とは
アパート経営といっても、そこにかかる費用にはいろいろなものがあります。真っ先にかかる費用は、アパート本体の建設費用です。

建設といっても、工事業者によって見積もりも異なりますし、またアパートの規模によっても変わります。さらに木造や鉄筋、また施工方法によっても変わってきます。

不動産業者と相談をしながら、規模を決めたり、工事業者を考えるなどしましょう。あるのも、相場だと、8戸で2000万から数千万何てとも言われています。

もちろん、1Kや3DKなど部屋の大きさが変わることで、それだけ金額にも差がでてきます。また、地域差もかなり出るでしょう。

東京のような都心部と田舎と比べればやはり、差も変わってきます。まずは不動産業者に相談してみて、地元でアパート建設をするときの相場を確認しておきましょう。

また、アパートが建ってもそれだけでは不十分です。アパート内部の工事が残っています。水道やガスや電気などや駐車場などの設備です。

また、火災や地震対策にかかる費用もあります。また不動産の登記といった法的な手続きに関する費用もあります。

■かかる費用としての返済額
アパートが建てたあとは、建設にかかる費用のローンの返済があります。それに影響するのは、金利です。金利が安いときに建てるのがよ異でしょう。

あと気にすべきは、返済期間です。返済期間が長いと、それだけ利息の支払いが増えてきます。また、短くするとそれだけ入居者を増やすなどしなければならず、リスクが高まります。

一般的にはアパート経営では、15年程度で完済するのが良いとされています。やはりリスクを犯さないことを考えましょう。アパート経営にかかる費用は、高額となるので、よく計画を組んで進めていくことがリスク回避へとなるでしょう。